温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

PCを楽しむ/2012-11-30

WindowsXPを高速化出来ないかー1。

  • 11月30日

          前に戻る     次へ進む

 Windows8を導入する前に。

 今はメインPCとしてWindowsXP機を使っていて、機能としては全然不便を感じていません。でも一番不満に感じていることは、遅いことです。マシン自体の性能がWindow2000時代のもので、どうにもならない部分も有ります。何せCPUの性能は以下のものです。

画像の説明

 この仕様ではWindows8は使うことは出来ない事が分かりました。そこで高速化の為に、SSDは使えないものかと考え、いろいろと調べたところ、可能性はあることが分かりました。現在HDDはSATAⅠのインターフェイスで、RAID1を使用しているため、それだけ余計に遅くなっています。SSD化してRAID0を組めばかなり早くなるとは思うのですが。ちなみに現状のベンチマークテストの結果は以下の通りです。

CrystalDiskMark

 今時のPCに比較するとべらぼうに遅い感じです。使っているHDDはHDS72105CLA362で500GB、で一応SATAⅡ対応です。でも使っているRAIDカードのドライバーは、Silicon ImageのSIL3114CTUを使っていて、SATAⅠ対応です。PCIソケットに刺されていますから、転送速度は Max 266MB/sで、RAID0を組むとSATAⅠでもその値をオーバーしてしまいます。従ってこのPCと言うか、マザーボードを使っている限りSATAⅠでRAID0組むことが限界のようです。

 そこで早速SSDを注文することにしました。注文したのはIntelの SSDSC2CT120A3K5 [Boxed SSD 330 Series 120GB パッケージ版]で、リセラーボックス(末尾がA3K5)です。Intel Data Migration Softwareを使う予定から、intelの330シリーズ しましたが、新しくPCを組む場合は色々と選択肢があるようです。今回は速さを求めるということで、RAID0を組むことにして、2台注文しています。現在使っているHDD、HDS72105CLA362(500GB)はどうするか、迷うところです。以前Windows2000の時使っていたHDD、 Deskstar HDS722580VLSA80(80GB、SATA)2台もそのまま残してあります。これもRAID1で使っていました。万が一の場合これに戻すつもりだったのですが。まあ暫くこのままにして安定に使えるようになってから、考えることにします。次はWindows8でしょうから。実はXPをSSD化することを考える前には、Widows8の新しいPCを作ることを考えていました。でも現状のPCの使い方だけなら、WindowsXPで十分であると考え、まずはSSD化することにしました。
 WindowsXPのサポート期限は2014年4月ですし、さらに消費税のアップも2014年辺りからですから、2013年中に何とかすればと考えています。後1年もするとPCパーツの方も色々と変わってくるでしょうから。今の性能のものが安く買えるようになり、より高性能のものが出てくるでしょう。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5472)


Counter: 1823, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional