温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

青バツ大豆の栽培ー4。

  • 7月31日

          前に戻る     次へ進む

 公園横畑、大塚の畑、両方の大豆畦間耕運機で中耕除草実施。

 三角ホーを使っての除草から約一週間、畦間は雑草だらけになっています。このところの暑さと、雨により、雑草がすごい勢いで伸びてきています。そこで今日は土寄せ前の耕運機による中耕除草です。

中耕舗装を始めた公園横畑中耕除草を始めた大塚の畑中耕除草の終わった大塚の畑 左から中耕除草を始めた公園横畑、同じく大塚の畑、そして右が中耕除草の終わった大塚の畑の青バツ大豆の畦です。雑草の種類は違いますが、かなりの雑草が生えています。

 畦間はきれいになりましたが、畦の中には未だかなりの雑草があります。明日以降畦の中の大きな雑草を取り除き、もう一度耕運機を外盛りにして、走らせ、土寄せします。今日除草したことで、暫くは雑草が抑えられます。
 畦は1、1m間隔で作ってありますから、耕起幅60cmの耕運機ではかなり畦間が広くなってしまいます。そこで今日は一畝二回耕運機を走らせています。第一回目の土寄せ時、一度で済ませるか、二度走らせるか、未だ迷っています。果たしてどうなるか。

  • 8月1日

 公園横畑、大塚の畑、耕運機で土寄せ実施。

 昨日耕運機で除草したばかりで、今日は土寄せです。畦間を耕うん機で何回走るか、結局3回走りました。

大塚の畑土寄せしたところ大塚の畑仕上げ公園横畑土寄せ公園横畑仕上げ
 大塚の畑で、耕運機を二度走らせ、土寄せをしたところです。 大塚の畑で、更に畦間の真ん中をもう一度走らせたところです。 公園横畑、耕運機を二度は知らせ、土寄せをしたところです。 公園横畑、耕運機をもう一度畦間の真ん中を走らせたところ。

 土寄せをしても畦の中には未だ雑草が残っています。大きな雑草は一応取ったつもりですが、近い内にきちんと取る必要があります。畦間には今回耕運機を3回走らせていますから、雑草は暫くは生えてこないかと思います。
 今回は耕運機での土寄せですが、次は鍬での土寄せになるかと思います。畦間の真ん中を耕うん機で走ったことで、次回の土寄せが非常に楽になるかと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2570)


Counter: 68, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional