温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-02-12

 蓄熱暖房機による発芽器。

  • 2月12日

          前に戻る     次へ進む

 先ずは発芽確認用に使用。

 一年以上前に収穫して、保存して置いた種が、発芽するかどうか、確認をしたい時があります。種の寿命等を調べる方法も有りますが、保存条件が色々なため、あてはまらない場合があり、どうしても確認したい事がかなりあります。でも今の時期部屋の中の温度は12℃から18℃程度で、発芽にはちょっと低すぎます。そこで発芽器が出来ないか考えていたのですが、今稼働している蓄熱暖房機を使えば可能ではと、早速試してみました。

写真用のパッドを利用してパッドの中で発芽試験 蓄熱暖房機直接では温度が上がりすぎますから、そこから6cm程上に浅い写真用のパッドを置き、その中に水を入れ、そこに深い写真用のパッドを置き、その中に右の写真の様にトレイを入れ、湿った布の上に試験する種を置き、上からスプレーで水を掛けておきます。そして更に上に浅めのパッドを被せて放置です。最初は蓄熱暖房機との間を2cm程で試したのですが、温度が30℃を超えたために、6cmに変更しています。これで大体25℃程度で保温しています。

 今の時期は蓄熱暖房機が使えますが、多分3月の終わり以降は稼働を止めますから、それ以降は別の熱源が必要になります。その時は、これも写真用ですが、パッドの保温器を使おうかと思っています。発芽器は単に発芽試験だけでは無く、本来の発芽用にも使う予定です。温度管理、水の管理さえきちんと行えば、発芽器は使えそうです。ただ小さいのがネックですが。発芽用には小さめのポットを使い、生育に合わせて大きくしていく必要が有ります。
 ちなみに今発芽試験をしているのは、オーツ麦、フレンチマリーゴールド、蕎麦二品種、クローバー、大豆二品種です。これらの種は何時収穫したかは覚えていませんので、こうしても発芽確認が必要です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3817)


Counter: 1065, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional