温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-04-27-3

落花生の栽培ー1。

  • 4月27日

          前に戻る     次へ進む

 二種類の落花生の播種用畝たて。

 そろそろ落花生の播種時期になります。5月中辺りが目安ですが、田圃との関連もあり、時期は不安定です。そこで今日は作付け予定地の御堂横畑に畝をたてましおた。ここは昨年大豆を作ったところです。

肥料散布畝たて 左は畝の上になるところに、牡蠣ガラ石灰40Kg、醗酵鶏糞30Kg、バーク堆肥40Kg、そして苦土石灰20Kgを撒いたところです。バーク堆肥は用意した量では半分しか施肥出来ませんでした。畝の数は写真の部分に7本、そして麦を挟んで更に西側に3本、合計10本です。今年はオオマサリと千葉半立ちの二品種を作ることにしていて、すでに種は用意済です。落花生も連作を嫌いますから、大豆の跡地に作ります。連作を避ける意味で、エゴマ、麦、大豆、落花生で輪作を行おうと思っています。

 堆肥、牡蠣ガラ石灰等の肥料を適当に筋蒔きして、耕運機で鋤き込み、次に耕運機の鉈爪の向きを、外盛りに付け替えて、溝を作り、畝をたてています。畝たて用の機械があれば畝たては容易に出来ますが、鉈爪を付け替えての畝たては、溝が深く作れず、なかなか上手くいきません。

 今年の千葉半立ちの種豆は、大きなものばかりを選んでいます。場合によってはオオマサリにも劣らないくらいの大きさで、どんな落花生が出来るか楽しみです。それとは反対にオオマサリの種豆は、貧弱なものしか選べませんでした。今年はオオマサリをかなりの株数作りますから、来年用には良い種豆が選べると思いますが。
 栽培は種豆を直播ですが、一粒蒔きですから、欠株を防ぐために、ポットで苗も作ることにしています。去年はこれが足らずに、欠株を作ってしまいました。種豆はかなりありますから、今年は大丈夫でしょう。

  • 4月30日

 マドラグアノと有機カリ各々5Kg散布。

 落花生の栽培には、燐酸とカリが、カルシウムに加えて欠かせないとのことで、今日はマドラグアノと有機カリを散布しています。今日から明日にかけて雨が降るとのことで、雨上がりに耕運機で鋤き込みを予定しています。
 午後2時少し前に降り出した雨、短時間で30mm程度降っています。ちょっと降りすぎな感じで、これからも降るとなると、しばらくは畑に入れません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2165)


Counter: 1925, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional