温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2012-05-25

色々な麦の栽培-5。

  • 05月25日

          前に戻る     次へ進む

 南部小麦が一番早い生育か。

 一月も見ない内に、麦類はかなり生育し、南部小麦は穂が多少色付いてきました。毎年なのですが、ライ麦は穂の数も少なく、生育も一番遅れているようです。

農林61号ミナミノカオリユキチカラ南部小麦
 農林61号です。 ミナミノカオリです。 ユキチカラです。 南部小麦です。

 小麦の中では南部小麦の生育が一番早く、ユキチカラがもっとも遅れている感じです。ミナミノカオリは農林61号より多少背丈が高いだけなのですが、何故かかなり傾いています。

六条大麦ライ麦画像の説明 左が六条大麦、そして真ん中が公園横畑のライ麦で、右がお堂横畑のライ麦です。お堂横畑は風が強く、ライ麦がかなり倒れています。今年初めて作ってみた六条大麦、すごい穂になっています。

 今年は昨年末までの生育が悪く、一度も麦踏をしていません。そのためか、ライ麦以外はかなりの分けつになっています。ただ播種を手押しの播種機を使って行ったため、むちゃくちゃに密集していることは無いようです。ただ始めて播種機を使ったために、植え付け深さが多少深くなりすぎたようで、そのことが麦踏できなかったひとつの要因になっています。
 収穫は6月に入ってからになると思いますが、一番問題になるのが天気で、去年はハザに掛けて乾燥することが出来ずに、一気にハーベスターで脱穀する羽目になって、その後ござの上で乾燥することになってしまいました。今年はぜひハザ掛け乾燥がしたいと思っています。そろそろハーベスタの用意も必要になります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8824)


Counter: 1945, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional