温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-11-14

色々な麦の栽培-1。

  • 11月14日

          前に戻る     次へ進む

 今年は六条大麦とゆきちから(パン小麦)を追加。

 昨年までは、中力粉として、農林61号、南部小麦、準強力粉として、ミナミノカオリ、そしてライ麦を作ってきました。しかし残念ながら昨年は播種が大幅に遅れたこともあって、成りはその質も含めて、非常に悪い物でした。大豆の収穫が遅くなり、それに引きづられて遅くなってしまったためです。今年は畑が広くなったことから、場所は全く問題なく、今その準備を始めています。今年は昨年までの品種に加えて、これも準強力粉になりますが、ゆきちからと(パン小麦)、色々と使える六条大麦(春雷)を追加し、合計6品種を作ってみようと思っています。追加の二品種は今年初めてということで、種が少ないために、種取りようの栽培という事になります。
 公園横畑では、牡蠣ガラ石灰、醗酵鶏糞、EMぼかし、そして籾殻薫炭を今日鋤き込み完了しています。家の南側に新たに借りられた畑では、線虫対策のクロタラリアを鋤き込み、その後4回ほど耕起した後、牡蠣殻石灰、籾殻薫炭を鋤きこんであります。ここは昨年までなばなを作っていた畑で、窒素は十分に残っていると判断して、肥料気は入れません。
 ライ麦は結構消費量があり、今までの量では足らないため、作付け面積を今までの2倍程にします。場所は公園横の畑を使います。ゆきちからと六条大麦も公園横の畑で栽培します。
 家の南側の畑では農林61号とミナミノカオリを、そしてお堂横畑で南部小麦を作ろうと考えています。お堂横畑では、いったい肥料がどの程度効いているのかを確認するために、ここでもライ麦を作ろうかと思っています。
 お堂横畑は田圃の緑万葉、紅朱雀の収穫後一部を除いてトラクターで耕起しています。田圃だった部分以外は、畑らしく、細かな土になっています。田圃だった部分は、さすがに大きな土の塊の状態です。ここの一番の課題は排水です。北側、西側に排水用の溝を設けることが必要で、ある程度土が乾いた所で作業を行う予定です。今回の南部小麦の作付けは落花生の跡地辺りを使おうかと思っています。ただここの畑は連作障害の防止のために、全体を四つのエリアに分けて作付けを行っていくことにしていますから、場合によっては南部小麦の作付け場所を変更することもあり得るかと思っています。

  • 11月15日

 麦の栽培をどのようにするか。

 今まで小麦を栽培するに当たって、肥料は殆ど与えてきませんでした。しかしながらお米とは違って、質の良い麦を作るためにはどうしても肥料が必要なようです。麦が窒素を欲しがる時期が比較的短く、即効性も必要ということで、難しい選択になりそうです。油粕の液肥が良さそうですが、匂いが問題になりそうです。EMぼかしと醗酵鶏糞を合わせて使う手も考えられますが、時期的にいつ施肥するか、よく考える必要性があります。その点化学肥料は楽ですね、でも何とか無化学肥料でやって行きたいので、今から良く考えて対応したいと思っています。

  • 11月16日

 第一次播種を終えました。

 公園横畑と、家の南側畑で、ライ麦、ゆきちから、六条大麦、ミナミノカオリ、農林61号の第一次播種を終えています。今年は手蒔きでは無く、手押し式播種機ごんべいを始めて使いました。ごんべいHS-120の使い勝手、はっきり言って良くありませんでした。溝きり用に設けられている片側の回転ディスクが原因です。土が細かく耕されている場合は良いのですが、多少土の塊が有ったり、土が固かったりすると、播種機が溝きり用の回転ディスクの作用で、曲げられてしまいます。回転ディスクの回転を止めるか、土を細かくするか、どちらかの選択が必要なようです。ごんべいの上級機種には回転ディスクがダブルになっているものも有ります。この事からすると欠陥商品に近い形です。どうするか。

  • 11月17日

 色々な麦の播種完了です。

 今日は朝方牡蠣殻石灰を散布し、トラクターでお堂横畑の耕起を細かく、深く行い、午後から南部小麦とライ麦の播種を行いました。手押し播種機ごんべいを使うためには、できるだけ土を細かにする必要があり、実施しました。その為、播種は大変スムースに行うことが出来ました。南北に畝を取り、畝間1mで、
南部小麦2畝、ライ麦3畝播種しました。ちなみにお堂横畑の第二区画を使っています。
 これで麦の」播種は全て完了です。予定では今週の土曜日19日から雨が予報されていますから、その雨で上手く発芽してくれると思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2178)


Counter: 2013, today: 3, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional