温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-5。

  • 3月19日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田の第一次畦塗り完了。

 勝負田の畦切、春起こし後、やっと水が溜まったところで、今日は早速第一次畦塗りを行いました。塗る畦は西側と南側で、長さは合わせて85m程度になります。午前中3時間、午後2時間、合計で5時間ほどかかりました。

畦塗後の勝負田第一次畦塗りを終えた西側畦同じく第一次畦塗りを終えた南側畦 左は第一次畦塗りを終えた勝負田全体です。真ん中は西側畦、そして右は南側畦です。南側の畦はかなり高く、一度ではきれいに塗れません。西側の畦も多少低いものの、同様です。

 本当は一度で終えたいのですが、どうしても仕上げが必要になります。畦の上にも土を上げていて、後で均す必要がありそうです。まだザリガニが出てくるには早いと思いますが、畦切、畦塗りで穴から追い出されたザリガニが何匹か見られました。せっかく塗った畦もザリガニが出てくると、又穴を開けられそうです。

  • 3月20日

 勝負田の畦塗り一応完了。

 昨日に引き続き、今日も勝負田の畦塗りです。昨日に比較して、畦の底面が立ち、きれいになった感じです。

今日の畦塗後の勝負田です畦塗後の西側畦 左が今日の畦塗後の勝負田です。畦がかなり立ち、きれいになっています。右が畦塗後の西側畦で、昨日との差ははっきりしています。昨日塗った畦には、新しいザリガニの穴が少し見えていました。これから暫くよく見てなんとかする必要がありそうです。昨日の第一次畦塗りでは、畦の表面に畔きりで出た雑草が表面に出ていましたが、それを殆ど土で塗り込んでいます。

 今日は午後から山の田圃の様子を見ながら、排水ゲートの部分の補修をしています。昨年一度耕運機で耕起していますが、畦際にはかなり雑草が出てきていて、何をするにしても邪魔なので、鍬で畦際から掻き取っています。田圃の状態はかなり乾いていて、こんな感じなら、上の田圃の一部分を除いて、トラクターが入れられそうです。明日は多少雨が予報されていて、その後は雨はなさそうです。どこかのタイミングで、トラクターを浅く入れようかと思っています。
 浸種中の種籾、今日で8日になります。でも今までかなり水温が引くかtたので、もう少しそのまま放置しようかと思っています。気温が19度にもなろうとする今日でも、最高水温は15度止まりです。後二三日は浸種が必要かと思います。
 明日は畦塗りの終わった勝負田の荒代掻きを行う予定です。

  • 3月21日

 勝負田の荒代掻き完了。

 今日は午後から雨との予報で、午前中に勝負田の荒代掻きを行いました。予報とは異なり、雨は代掻き中に降り、午後には止んでいます。水の量もちょうどの感じで、荒代掻きは完了です。

荒代掻きの完了した勝負田代掻き中の勝負田 左が荒代掻きの終了した勝負田で、右が代掻き中の様子です。今朝はかなり強い南風が吹いていて、浮遊物は北側に寄せられています。これで勝負田の方は暫くそのまま様子見となります。水漏れのチェックも必要ですが。更にザリガニの様子見も必要です。次は山の田圃の準備です。昨日見た感じでは上の田圃、下の田圃ともトラクターが入れられそうですから、近く春起こしの予定です。

 山の田圃はトラクターを入れるについては十分な注意が必要で、一部はかなり危ない場所となっています。以前スタックさせたことが有りますから。

  • 3月23日

 昨夜から風呂の残り湯で催芽、そして今日は床土入れ。

 浸種を開始して10日の昨日、気温は低い日が続き、後半2日ばかりは高温になりました。そこでもう良しという事にして昨夜から催芽の開始です。催芽は今年から二重の発泡スチロールを使うようにしました。風呂の残り湯は39度程度あり、それを発泡スチロールの箱の中に17リッター程入れて、浸種の終わった5Kg程度で、温度が15度程度の種籾を入れると、水温は33度程度になりました。これを更に大きな発泡スチロールの箱に入れて保温です。
 そして今朝は籾を入れた水の温度は30度程度になっていました。風呂の水温は33度程度になっていて、次は一重の発泡スチロールまま、種籾を風呂の中に入れて保温です。催芽完了までこのまま放置です。今日もお風呂に入りたいですから、風呂を入れる段階で取り出し、又二重の発泡スチロールで保温になります。
 

風呂の残り湯で催芽播種機で床土入れ 左が風呂の残り湯で催芽しているところで、右が播種機で床土入れを終えたところです。催芽にはお湯に対して4%程の酢を入れています。写真では内側の発泡スチロールだけですが、今朝までは二重にして保温していました。発泡スチロールを二重にして使うのは、今年初めてです。やはり水温の下がり方はかなり少ないようです。この調子だと、夕方までには終わるのではと思います。

 催芽を終えれば何時でも播種が可能になります。暫くは気温が低そうなので、あまり急ぐ必要はなさそうです。催芽した種籾は水を切って吊るしておけば何時でも使えますから、特に急ぐ必要はありません。さて何時実施するか。
 今日は花粉がなにか大量に飛んでいる感じです。今までは南風でしたが、今日は北から吹いています。ここから南の方には杉が少ないのか、南が吹く分ならそれ程感じないのですが、北が吹くと問題です。時々小雨が降っているのにです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1615)


Counter: 316, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional