温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-25。

  • 10月24日

          前に戻る     次へ進む

 思う様に田圃が乾かない中、山の上の田圃と、下の田圃の耕起です。

 秋の長雨でしょうか、なかなか山の二枚の田圃が乾きません。昨年はこれ程のことは無かったのですが。そのまま放置しても乾きそうにないので、今日はディーゼル耕運機で耕起、と言うか溝掘りを行いました。溝を作っておけば、土は乾きやすくなります。そこで先ず溝を作って、乾燥を促し、ある程度乾燥した所で、又耕運機を入れようかと思っています。

耕起後の山の下の田圃耕起後の山の上の田圃 左が耕起後の山の下の田圃、右が上の田圃です。下の田圃より上の田圃の方が溝間隔が広くなってしまいました。耕運機には水田用の鉄車輪を付けて、動かしていますが、その車輪に土が大量に絡み、なかなか思う様には動かせませんでした。一番困ったのは、鉄車輪から、ノーマルのタイヤに戻すことで、鉄車輪やロータリーに大量の土が附着している為、今日は出来ませんでした。

 耕運機は今日は田圃に置きっぱなしです。明日きれいに土を剥がして、鉄車輪をタイヤに変更する予定です。畑と違って田圃は厄介です。特に土が乾いていない場所では。
 これから年末に向けて雨量が少なくなり、今日作った溝のおかげで、土が程よく乾き、タイヤで耕運機を田圃に入れる事が出来るようになることを祈っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3618)


Counter: 38, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional