温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-25。

  • 10月18日

          前に戻る     次へ進む

 久々の更新です。山の二枚の田圃の二番穂を切り倒し、上の田圃に籾殻と、米糠を散布しています。

 9月から10月にかけて雨が続き、思うように色々な仕事が進んでいません。そんな中、勝負田と、押し切りの二枚の田圃は土手、畦の草刈りを終え、トラクターでの耕起も終わっています。押切の二枚の田圃は、今年限りで止めることにしました。理由は色々とありますが、その事で他の田圃、畑により一層手が掛けられることになります。
 今日は山の二枚の田圃のかなり伸びてきた二番穂を草刈機で切り倒し、上の田圃には籾殻3袋、米糠1.5袋を散布しています。

二番穂を刈りとった下の田圃二番穂を刈りとった上の田圃籾殻と米糠を散布した上の田圃 左から二番穂を切り倒した下の田圃、真ん中が同じく二番穂を切り倒した上の亜田圃、そして右はその後で籾殻と、米糠を散布した上の田圃です。散布は全体の1/3程度です。

 二番穂を刈りながら田圃を見渡してみると、猪がアチラコチラを掘り起こしています。電気柵は張ってありますが、電源は外してありますから、猪は入り放題です。下の田圃には入った形跡は無かったのですが、上の田圃は畦の内側全体と、あちこちに猪の掘った穴や、溝が方方にありました。電源を再度設置するかどうか、迷うところです。明日は天気が悪そうですが、明後日以降3日ばかり良さそうなので、その後に耕運機を入れて耕起しようかと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1392)


Counter: 31, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional