温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-21。

  • 9月6日

          前に戻る     次へ進む

 押切の二枚の田圃の収穫開始。

 押切の三角田、四角田、延期した予定通り、今日からコンバインで収穫開始です。広さは三角田が1.5反、四角田が3反程あります。持っているコンバインでは一日では刈り取りは終わらず、1日半程かかります。

刈り取りの終わった三角田四角田の刈り取り開始です。コンバインの上からの様子です四角には1反程残ってしまいました
 収穫の終わった三角田。 四角田の刈り取り開始です。 コンバインの上からです。 四角田に1反程残りました。

 押切の二枚の田圃はJAへの出荷用で、刈り取った籾はそのままJAのライスセンターへ搬入します。今日は籾袋にして、65袋収めています。一袋あたり30Kg弱程度です。残った四角田の中央部分、20袋程有るかと思います。問題は明日の天気で、昨日までは雨が降ることは無いと思っていたのですが、夕方見た天気予報では雨が午前中に降りそうです。収穫が出来るかどうか、微妙なところです。朝の様子で、8日に変更を考えざるを得ないかも。予約制ですからどうなるか、分かりません。
 そろそろ勝負田の刈り取りも必要になりますし、山の下の田圃のマンゲツモチも刈り取りが必要な時期になります。果たして何時になるか。

  • 9月7日

 押切の四角田の残った部分と、勝負田のコンバインでの刈り取り終了。

 昨日の天気予報でどうなるか、心配したのですが、幸いにも朝方ちょっと降っただけで済みました。昨日よりはやや遅めですが、8:30から、昨日残った四角田の部分と、勝負田の刈り取りです。
 結果は押切の二枚の田圃で籾袋にして83.5袋となりました。勝負田の方は26袋になっています。

刈り取りに終わった四角田勝負田の刈り取り開始です刈り取り中、コンバインの上から勝負田の刈り取り終了
 昨日残った部分の刈り取りの終わった四角田。 酒豚の刈り取り開始です。 勝負田の刈り取り途中をコンバインの上から。 刈り取りの終わった勝負田です。

 これでコンバインでの作業は完了です。残っているのは押切の三角田の朝紫の脱穀、そして山の下の田圃のマンゲツモチの収穫です。マンゲツモチはバインダーで刈り取り、ハザにかけて感想になります。そしてその後、ハーベスターでの脱穀となります。先ずは朝紫の処理、そしてマンゲツモチの収穫になります。明日辺りから出来ると良いのですが。

  • 9月8日

 山の下の田圃のマンゲツモチ刈り取り始め。

 最後に残った山の下の田圃のマンゲツモチ、今日から刈り取りの開始です。ただ山の下の田圃は数日前、給水バルブの締め忘れで、給水の状態になり、田面はかなり柔らかになっていて、南側はかなりぬかるんだ状態です。そんな中、明日からバインダーで刈り取りを行うつもりで、四隅の手刈りを始めたのですが、バインダーでは刈り取りの出来ない部分がかなり有ることが分かり、手刈りせざるを得ない部分がかなりあります。そこで手刈りをせざるを得ない部分の刈り取りと、刈り取った稲を干すためのハザを2列作り、刈り取った稲をかけ始めています。

上の田圃に作ったハザと、下の畑の南側刈り取った田圃の北側、入口部分 土の緩んだ田圃の南側と、そこに隣接する上の田圃に設置したハザ、更に下の田圃の一番南側に設置したハザで、上の田圃のハザには今日刈り取ったマンゲツモチがかけてあります。田圃の面には今日降った雨が溜まっています。右は下の田圃の北側で、バインダーの入り口として使う部分で、ここには水は溜まっていません。果たして明日バインダーを入れることが出来るかどうか、微妙です。

 田圃の南側、上の田圃側はどうしても手刈りとなりますから、先ずは手刈りから始めることになりそうです。多分今日作った日本目のハザでは足りそうにありません。

  • 9月9日

 山の下の田圃のマンゲツモチ、手刈りとバインダーでの刈り取りを終え、稲架掛けです。

 昨日に引き続き必要な部分の手刈りを終え、バインダーを持ち込んで刈り取りです。南側は未だかなり緩んでいて、バインダーを入れるのにはギリギリの感じの部分も有りました。ハザは昨日作った二本に更に二本、合計四本になりました。

バインダーでの刈り取り完了刈り取ったマンゲツモチを全て稲架掛けです 左はバインダーでの刈り取りが終わった状態です。奥の二本目のハザには手刈りしたマンゲツモチが掛けてあります。右は刈り取ったマンゲツモチ全てを稲架掛けしたところです。手刈りは全体の3割り程度になったかと思います。猪は電気柵を貼ってあるにも関わらず侵入して、かなりの部分を荒らしてくれました。猪は乾いた所より、湿ったところを好むようです。

 これから天気があまり良くないようで、何時脱穀が出来るか、読めません。雨で重くなってハザが折れたり、風で倒されたりしなければ良いのですが。
 これで全ての田圃の刈り取りが終わりました。押切の田圃と、勝負田の電気柵は昨日と、今日で取り外してあります。山の田圃は電気柵は取り外さずにそのままにして、電源だけ外すことを考えていますが、果たしてどうなるか。

  • 9月10日

 昨日作った山の下の田圃のマンゲツモチのハザが潰れてしまった。

 夜中の猛烈な雨の音に、ひょっとしたらハザが倒れてしまうのではと心配したのですが、案の定昨日作った二本のハザが潰れていました。朝方から時々猛烈な雨が雨が降り、田圃にはかなりの水が溜まってきました。そんな中ハザを作り直しです。

潰れてしまった二本のハザハザを三本作り直しです 左が崩れてしまった二本のハザです。右が時々激しく降る雨の中作り直したハザです。崩れた原因は完全に手抜きです。ハザを縛る時、足に必ず一本一本紐を巻き付けて縛るところ、一本にしか巻き付けていなかった雨、その部分が滑って崩れてしまったようです。田圃にはかなりの雨が溜まっていて、その上を歩いてしまいましたから、排水が相当に悪くなりそうです。

 刈り取った稲を長く水の中に漬けておくわけには行きませんから、時々激しく降る雨の中、ハザを作り直しました。午後からは天気は回復するようですが、。田圃の水は引きませんから、崩れたままでは長い間水の中に漬けた状態になってしまう恐れがあります。雨が上がってからの方が良かったかも知れませんが。
 山の上の田圃は別にして、6日に始まった稲刈り、昨日で全て終わりましたが、本当に雨間をついての刈り取りでした。何か感じとしては毎年稲刈りの頃は雨に悩まされているようです。来年も悩まされそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9644)


Counter: 68, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional