温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2015-02-27

田圃を楽しむ-6。

  • 2月27日

          前に戻る     次へ進む

 お米の育苗準備。

 今年から苗箱の床土を、100%籾殻燻炭にすることにしています。又覆土は、70%籾殻燻炭にすることにしています。苗箱の数は、最大で150枚を考えていますから、籾殻燻炭は多少圧縮した状態で、160リッター程必要になります。
 苗箱用の籾殻燻炭は、今まで3回程作り貯めたものが、25リッター以上入る袋に、30袋ばかり有り、これを使います。

ハウス内に用意した籾殻燻炭、木枠等 ハウスの西側に籾殻燻炭、そして全体に苗箱の置台にする材木が散らかっています。奥にはEMボカシが、そして北側(手前)には覆土に混ぜるソルチ焼土が用意されています。後はピートモス、ダーウイン2000、竹灰等が必要となります。今年はプールを作らずに、田圃を最初から使う予定ですから、昨年まで使っていたプール用の木枠は、全て苗箱の置台になります。
 今まで一番問題であった苗箱への潅水は、ハウス内に小さなプールを作って、下から行う予定で。EMボカシを使う場合、床土混成を行ってから、日にちを置いて使うと、吸水性が極端に悪くなります。そこで今年から、床土混成、苗箱への床土入れは播種の前日に行う予定です。

 苗箱150枚は、ハウスに6列苗箱を並べることが必要になり、置き方も今までとは違った形になりそうです。昨年まではビニールと木枠でプールを作り、その中に苗箱を10mm程度浮かして、発芽させていましたが、どうしても過湿になり、発芽が不揃いになっていました。今年はハウスに直接置台となる木材を置き、その上に苗箱を載せる形になりますから、過湿状態にはならないと思っています。プールで苗箱の下から潅水して、暫く水切りをしてから、設置することも有りかと思っています。
 床土を100%籾殻燻炭にすると、水持ちがどうなるか、多少心配になります。更にEMボカシを元肥として使うと、昨年同様に途中で肥切れを起こす可能性が有ります。その点も考慮して、EMボカシは昨年より大目に混ぜることを考えています。
 育苗は今まで上手く行ったことが無く、毎年今年こそはの感じになって居ます。そろそろ固めたい感じです。

  • 3月2日

 山の下の田圃の第一次畦塗り。

 昨夜かなり雨が降ったことで、山の下の田圃にも多少水が貯まりました。と言う訳では無いのですが、今日は下の田圃の第一次畦塗りを行いました。

山の下の田圃の第一次畦塗り 山の田圃の水は既に使用可能になって居ます。そこで畦塗りには足らない溜まり水でしたから、水を入れながらの畦塗りになりました。畦を塗りながら、田圃全体の深さや、柔らかさを見ていますが、やはりトラクターをスタックさせて、掘ってしまった部分と、菖蒲コーナー付近は軟かで、深さも深いようです。畦塗りの土は基本的には畦の近辺から取りますが、特に浅い感じのする部分からも取って、多少なりとも均平化が出来ればと、行っています。畦塗りは出来れば後二回程行い、畦を固めたいと思っています。畦が有る程度固まった段階で、耕運機による代かきを行いたいと思います。未だトラクターでの代かきは無理そうですから。

 田圃全体を歩いた感じ、山の下の田圃はかなり落ち着いて来た感じはします。山の上の田圃はコンバインをスタックさせた場所を含めて、未だ何か所か、不安定な場所が有ります。秋の収穫時期にどの様な状態になるか、非常に気になるところです。
 今日は雨の後の良い天気、花粉が非常に多く飛ぶ可能性のある日ですが、マスクをしての畦塗り作業ではくしゃみも出ず、多少鼻水が出る程度で終わっています。この辺りのスギ花粉はそろそろ終わりに近いのかも知れません。例年一番ひどいのは2月後半で、3月になるとかなり落ち着いて来ていますので、今年も例年通りかと思っています。地域によっても異なるかと思いますが、ここら辺りでは周りのスギの木の花粉が終われば、花粉症も落ち着いて来るのかと思います。

  • 3月3日

 ハウス内に苗箱150箱分の置台確保。

 昨年まで育苗プールの枠として使用していた材料を、苗箱の置台にして、具体的にハウス内に設置してみました。

ハウス内の苗箱置台設置 ハウスは間口3間、奥行き5間の大きさが有ります。ここへ一列25箱置くことのできる置台を、6列作り、合計150箱置けるようにします。必要な苗箱は120箱より少ないですが、かなりの余裕を見ての準備です。今までは上手く苗が育たずに、追加でかなりの箱数を育てていましたから、最終的には150箱程度は育苗していました。今年はそれを最初から実施てしまおうと言うことです。苗の置台を設置してみて、このハウスでは再々200箱の育苗が出来ることを確認できました。でもハウスの場所によって生育にかなりの差が出来ることを考えると、150箱が良い所かと思います。
 今までの失敗の理由は色々と有りましたが、今年こそは納得のいく育苗をして見たいと思います。

 今日は山の上の田圃の、北側と西側の畦を切っています。今晩からは又雨とのことで、田圃が湿ってくる思いますので、上手く行けば明日以降上の田圃の畦塗りが出来るかと思います。先ずは畦際に土を寄せることからやってみようかと思っています。土を寄せずに畦を塗ることも出来ますが、かなりきつい仕事なので、土寄せを先にして見ようかと思っています。

  • 3月3日

 山の上の田圃の第一次畦塗り半分程完了。

 昨日から今朝にかけての雨で、山の田圃に適当に水が溜まり、早速山の上の田圃の第一次畦塗りです。

山の上の田圃、第一次畦塗り 山の上の田圃を夕方北東角地から見た所です。北側と西側の本来の畦を塗り終え、南側の内畦の畦塗りを途中まで終えています。山の田圃は畦塗りをするために、排水ゲートは閉めてあります。溜まっている水は全て雨によるもので、かなり降った感じです。
 畦塗りは一部土寄せを行ってから実施しましたが、田面の高低差が気になり、出来るだけ高い部分の土を使うようにしました。その為時間が思った以上にかかってしまいました。内畦の部分は未だ一部しか塗ることが出来ませんでしたが、雨でかなり削られてしまっている様で、かなり痩せはじめていました。春から夏に向かって雑草が生えるようになれば、痩せることは減ってくると思います。

 山の上の田圃の第一次畦塗りは、明日には終わる予定です。山の田圃が終われば、次は勝負田の畦切を行おうかと思っています。勝負田はトラクターを使えますから、畦切後、春起こしを行って、入水、畦塗りになるかと思います。押切の田圃の方は未だどうするか、決めかねています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4647)


Counter: 1225, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional