温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2015-02-14

田圃を楽しむ-4。

  • 2月14日

          前に戻る     次へ進む

 山の田圃の畦作り開始。

 そろそろ田圃の仕事が始まります。手始めは山の田圃の畦作りです。山の田圃には排水確保のために、半部程が二重の畦になっています。その内側の畦は、未だきちんとした畦になっていません。そこで今日から祖の畦作りを開始です。

下の田圃の東畦下の田圃の菖蒲コーナー下の田圃の南畦 左から下の田圃の東側畦、下の田圃の菖蒲コーナー畦、下の田圃の南側畦です。何れも内側畦を作ります。畦を切り、土を田圃側に寄せています。この後、耕運機で畦の内側を耕起予定です。勝負のコーナーは3重の溝に。

 耕起するにあたって、どの耕運機を使うか、迷っています。軽量なデカポチを使うか、田圃用の鉄車輪の付いた、ディーゼル耕運機を使うか。田圃の中はディーゼル耕運機を使うつもりですが、畦際だけは軽い耕運機を使いたいところです。

下の田圃の北側畦下の田圃の西側畦上の田圃の東畦 左から下の田圃の北側畦、下の田圃の西側畦、そして右は上の田圃の東側畦です。下の田圃は南側、北側の畦も切っています。上の田圃は未だ東側と、南側の一部の畦のみ切っています。上の田圃のはやはりかなり柔らかです。

 田圃の水は未だ使えるわけでは無く、畦を切っても塗ることは出来ません。先ずは全面耕起を行いたいと思っていますが、今日見た感じでは、トラクターを入れる自信が持てませんでした。ここではトラクター、コンバインをスタックさせていますから、注意が必要です。
 明日、明後日は、天気の崩れは無いようなので、明日も引き続き畦切を行い、出来れば明後日、畦際の耕起を行いたいと思っています

 排水確保のための溝は、そろそろさらう必要ありか。

 排水確保のための明渠(溝)で、全体では無いのですが、かなり部分には水が残っています。底の部分にはかなりの土砂が溜まっている様です。

上の田圃南溝 左の写真は、内側の畦を切り始めた上の田圃の南側畦の東側です。外側の排水用の溝に水が貯まっています。溝をさるかどうか、微妙な感じです。3月には田圃に水を入れるようになり、排水の確保は意味が無くなります。しかしながら、排水性の悪いことから、中干をせざるを得ない感じなので、その時には又排水が必要となり、更に落水時期には完全に排水が必要となります。入水まで一度溝をさらっておいた方が良い感じです。又畦を整備する際に、畦の部分から溝の部分に土の塊が落ちますから、それを取り除くためにも必要な様です。一番気になることは、田圃から内側の畦を通して、排水用の溝に、どの程度水が漏れるかです。

 水漏れ防止のために、内側の畦塗りはしっかり行うことが必要な様です。

  • 2月15日

 山の田圃畦切から猪に崩された畦補修に。

 残っていた山の上の田圃の南側内畦切は一応終わり、続いて昨年徹底的にやられた西側畦の補修です。

南側畦西側畦 左は畦切を終えた南側内畦を南西角地から見た所で、所々畦の上に土が置かれています。畦の低い部分を修正したものです。右は昨年猪に徹底的にやられた西側畦で、北側から補修をして来て、2/3程終えたところです。畦が崩されて細くなってしまった為、写真の様に竹で杭を打ち、そこに板を立てて土盛を行い、幅を広げています。土盛する土は、猪が崩した下の方から取っています。今年は猪に二度とやられないように、長い期間電気柵を張ることになります。

 電気柵は本来畦の直ぐ外側に張りますが、今年からは畦を守るために、可能な限り、畦から離れた所に張る予定です。そして電源を外してからも、電気柵自体は残そうかと思っています。ただ道側に関しては、昨年、電気柵の外側、道の部分を掘り返されていますから、注意が必要です。何か猪が穿らない様なことを考えることが必要です。
 明日から耕運機を入れる予定ですが、西側の畦の補修が未だ終わっていないので、どちらを優先するか、迷っている所です。

  • 2月16日

 畦の補修を終えて、山の二枚の田圃を耕運機で全面耕起。

 猪に崩された上の田圃の西側の畦、やっと補修が終わりました。

上の田圃の西側畦 左の写真が補修を終えた、山の上の田圃の西側畦です。色の濃い所が補修した部分で、猪の蒐場になって居る、その左側の部分から土を掘って揚げています。西側畦の下は全面猪の蒐場です。土を揚げた部分が溝になって居ますが、多分猪が直してくれるでしょう。電気柵は畦の下側に設置して、蒐場から猪が上がれないようにすることを考えています。蒐場の土はほぼ完全な粘土で、水をたっぷりと含んでいます。畦の上に揚げて、水分が抜ければ、がちがちになりそうです。
 田圃側は時期になったら畦塗りを行います。その時に畦の横面だけでなく、上面にも土を盛って、畦をきれいにしようかと思っています。

 午後からはディーゼルの耕運機で一気に全面耕起です。

 下の田圃は何とかなりそうな気がしましたが、上の田圃はトラクターでも、ガソリンの耕運機でも手が出ないと感じ、ディーゼルの耕運機、に鉄車輪を履かせて、全面耕起です。

耕起後の上の田圃耕起後の下の田圃 左が上の田圃、そして右が下の田圃です。耕運機で耕起してみて、下の田圃は一部だけ土の深い部分が有る程度で、トラクターでも何とかなりそうでした。でも上の田圃はとんでもない状態です。一部にはディーゼルの耕運機で危ない位の部分が有りました。そして軟弱な部分と、硬い部分がまぜこぜで存在して、秋の収穫時悩みそうです。傾向としては東側と、南側が軟弱で、北側と西側が有る程度硬い感じです。耕起してどう変わるか、気になります。

 上の田圃は粘土から水が抜けていない感じで、このままではコンバインでの収穫は注意が必要な様で、積極的に水を抜くことを考えることが必要です。水抜き用の溝を掘ることも考えることになりそうです。

  • 2月18日

 若草モチの種籾入手。

 昨年まではマンゲツモチを作付ていましたが、今年は種籾の手配が遅れて、若草モチに変更と言うことになってしまいました。マンゲツモチよりはやや晩生で、何処に作付るか迷っています。マンゲツモチは天皇陛下が御田植することも有り、有名で、味も食感も良い感じです。若草モチはノウケンのオリジナル品種で、味の方は未だ分かりませんが、ネット上で悪い評判は無いようです。ただ多肥で作ると言うことが書かれていて、その点が多少心配です。家の田圃は秋に稲わらを全量鋤き込み、醗酵鶏糞と、米糠を散布、そして5月に再び雑草対策で米糠を散布すると言うやり方ですから、決して多肥栽培にはなりません。しかしながら、かなりの疎植(36株/坪)ですから、どうなるか楽しみでもあります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0826)


Counter: 1282, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional