温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-06-25

田圃を楽しむ-29。

  • 6月25日

          前に戻る     次へ進む

 山の二枚の田圃に電気柵設置。

 一番猪にやられ易い山の田圃に、電気柵の設置です。一部どう見ても猪の性としか考えられない、掘り返しの跡が有ったことも、設置を急いだ理由です。山の田圃はかなり変形していると同時に、二枚の田圃で高低差が有りますから、設置にはかなり時間がかかってしまいました。

山の下の田圃山の上の田圃上の田圃の南東角地 左が電源を設置した山の下の田圃、真ん中が山の上の田圃です。そして右は山の上の田圃の南東角地で、株が見当たりません。山の下の田圃の右奥に見えるのが、電気柵の電源ボックスです。電気柵はイノシシ対策で2段です。

 稲の様子は、押切三角田に近い状態で、やや分ケツガ少なそうです。水は相変わらず上の田圃はかなり濁りの強い状態で、下の田圃はやや薄く濁っている状態です。又いずれも雑草は畦際以外は一切見られません。子の様子なら除草の必要は無さそうです。
 7月に入れば勝負田に電気柵を設置することにしています。その前に草刈作業が必要です。押切の田圃に関しては、多分勝負田への設置の前後になるかと思っています。
 先ほど南房総市に大雨洪水警報が出たとのことですが、今の所雨は全く降っていません。雨雲ズームレーダーで見てみると、鋸南等の南房総市の北で局地的に豪雨の様です。今は少し雨が欲しいのですが。

  • 6月26日

 勝負田の土手、畦草刈、そして畦際除草。

 近く勝負田に電気柵を設置予定ですから、勝負田の畦、土手の草刈を行いました。そしてほったらかしになっていいる田圃の畦際、稗からセリ等の水生植物が、田圃に侵入を始めていましたので、田圃の全周、鎌を持って歩き回り、除草しました。これで電気柵の設置準備完了です。

  • 6月27日

 押切の二枚の田圃の周辺草刈、電気柵設置準備完了。

 今朝は雨が降っていなかったのですが、途中から雨が降りだし、雨の中の草刈となりました。押切の田圃の電気柵の張り方は、去年は田圃一枚一枚を囲う形しましたが、今年は二枚を一緒に囲う形に変更です。二枚の田圃の間には、大きな排水溝が有るので、去年は個別にしたのですが、排水溝の所だけ、工夫をして、一緒に囲うことにしました。こうすることで、管理がかなり楽になります。午後雨が降らない様でしたら、電気柵の設置まで行うことにしています。
 押切の四角田の稗の繁茂した区域、いまだに稲の葉色が良くありません。多分稗だけでは無く、マツバイの影響も有るかと思います。四角田はのその他の部分は、分ケツもしっかり取れて、ザリガニの被害も比較的少なく、まずまずの様です。
 三角田の方は、分ケツガ少なく、ザリガニの被害が多く、雑草は少ないものの、あまり良い状態ではありません。分ケツガ少なく見えるのは、ひょっとするとザリガニの被害の性かも知れません。水を去年より深めに管理出来、米糠の効果も良く、水もずっと濁っていますから、去年苦労したコナギ、マツバイ等の雑草はほとんど見られません。濁っていたり、雑草が少ないのは、ひょっとするとザリガニ性かも知れませんが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4888)


Counter: 1162, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional