温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-03-29

田圃を楽しむ-14。

  • 3月29日

          前に戻る     次へ進む

 苗箱のポリシャインシートすべて剥がし。

 今年もやはり苗作りは失敗のような感じです。潅水のし過ぎが原因のようで、以外にも日当たりの良い、西側のプールの苗の発芽状態が良くありません。やはり床土の吸水性の悪さが一番の原因の様です。何がこの吸水性の悪さを招いているのか、まだ詳しく原因を調べていません。

東側プールの苗箱中央プールの苗箱西側プールの苗箱 左から東側、中央、西側プールの苗箱の様です。掛けてあったポリシャインシートは午後外し始めましたが、写真は剥がした直後の物です。ハウスのサイド換気はまだ締めてありますから、これからまだ芽を伸ばしてきます。

 本来はポリシャインシートを剥がしたら、サイドの換気を開けて、内部温度を下げるのですが、まだ発芽と言うか、芽の伸び方が少ないため、敢えてサイド換気を締めて、内部温度を上げています。今日はもうこれ以上温度は上がりませんから、サイド換気を開けるのは、様子を見ながら、早くても明日になります。午後4時過ぎには写真の状態より更に芽が伸びて来たようです。今回思い切ってシートを剥がしたのは、発芽の良くない理由は、過湿だろうと考えてのことです。本来伸びの良いはずの、西側の苗箱の芽の伸びが良くありませんから。

 追加でコシヒカリ8箱播種。

 コシヒカリの苗は103箱有ります。でも発芽の様子があまり思わしくないように見えるので、今年も又追加播種です。今日はハウス内で、サイド換気が締めてありますので、ポリシャインシートを仮にかけてありますが、サイド換気を開けた状態です、ネオポリシャインシートに変更予定です。こちらのシートは光の反射が弱く、保温性が高いので、注意が必要です。

追加苗箱の様子苗箱のカビハウス内に追加設置の苗箱 左は追加播種する8つの苗箱。床土は前回入れたまま、放置してあったものです。真ん中は苗箱の表面のカビです。大変なことになっています。そして右が播種後ハウスの室上部に設置した苗箱です。

 昨年同様に苗が少なくなると考えて、残っていた床土を入れた苗箱8個に、追加でコシヒカリの播種を行いました。床土は写真のようにカビだらけでで。このカビはEMボカシから来るものと思います。多分何も悪いことはしないと思い、床土にかき混ぜてしまいました。床土をかき混ぜて、潅水してみましたが、やはり水吸いは良くありません。籾殻燻炭が水吸いの悪さの原因とは考えられませんので、ピートモスがEMボカシが原因と思われます。今年こそはきちんと原因を追究する必要が有ります。
 明日は曇り後雨の予報が出ています。予報通りの天候になると、サイドの換気は明後日以降の解放になりそうです。更に温度の上昇が有る場合は妻面の換気も行うことになります。

  • 3月31日

 シートを剥がして二日目、今の所順調な感じ。

 昨日は雨が降り、ハウスの苗箱には再びポリシャインシートを掛けました。今日は天井からの滴の落ちるのを待って、再びシートを剥がし、苗を日に当てています。苗箱のカビが多少気になりましたので、カリグリーンを軽く散布しています。カリグリーンは炭酸水素カリウム水溶剤で、肥料に分類され、肥料の名前は粗製加里塩で、水溶性カリを37%含有するものです。うどんこ病等の殺菌に使われるものですが、農薬では有りません。

東プール中央プール西プール 左から東側プール、中央プール、西側プールの今日の様子です。発芽が大分揃い、色も多少緑を濃くしています。今年は播種時苗箱にたっぷり潅水していますから、まだ土はかなり湿っています。

 EMボカシのカビは、苗箱をプールに入れると消えてしまいます。でもいつまでもカビが表面に有るのは気持ち良くありませんから、効果は不明ですが、カリグリーンの500倍希釈液を散布しています。

 100%籾殻燻炭の床土で、朝紫、マンゲツモチを播種。

 今まで毎年田圃では朝紫を作ってきました。今年はやめるつもり苗を用意しなかったのですが、ノギ取りも行わず、バケツの中で適当に浸種していた種籾が、催芽も行わないのに、発芽して来たので、苗を作ることにしました。単純に作るだけでは面白くないので、思い切って100%籾殻燻炭で床土を作ってみました。覆土はソルチ焼土をそのまま使っています。

100%籾殻燻炭床土へ朝紫を播種船で苗箱の下側から潅水庭の前でシルバーホッカを掛けてしばらく放置 左から100%籾殻燻炭の床土に朝紫を播種したところ。そして真ん中は船の中で苗箱の下から潅水している様子です。そして右は家の前の畑に移動してシルバーホッカを掛けたところです。苗箱は合計16枚置かれています。

 
 シルバーホッカは下側に不織布、上側にシルバーのシートで構成されていて、多少の保温性もあります。ただそのまま放置してしまうと、内部がかなり高温になってしまうので、発芽後は注意が必要です。今回庭の畑に置いたのは、先日播種したコシヒカリ8箱、そして今日播種した朝紫5箱、マンゲツモチ3箱です。
 今回は床土を混成した直後に播種、潅水していますから、水の吸いはそれ程悪くは有りませんでした。船の中に入れて、1分以内には全体に水が行き渡る感じです。来年に向けての良い経験が出来ました。更に苗が上手く育てば、籾殻100%での床土が可能なりそうです。

 押切三角田東側で畦塗りの為の土寄せ。

 三角田の東側は土手になっていて、その上は道、更にその東側は川になっています。その川の土手の部分が昨年の大雨で崩れてしまい、今はその場の竹が切り倒されたままになっています。道の反対側が崩れたのですから、田圃の側にも何らかの影響は有ると思います。大雨の後、田圃側の土手の一部分も多少崩れています。この事が理由かどうか分かりませんが、三角田の水漏れが昨年より激しい感じがしています。そこでそれを少しでも改善するために、土手の田圃と接する部分を塗ることにしました。その下準備で、今日は土寄せを行っています。この後時間を見て、踏み固めながら塗ってみたいと思います。

  • 4月1日

 押切三角田東側土手畦塗り。

 昨日土寄せした三角田東土手の畦塗りを行っています。畦塗り後トラクターを空走りさせ、更にその後軽く代かきを行っています。

三角田東土手畦塗り 左の写真は軽く代かきをする前の状態で、この語代かきを行い、均しています。代かきはトラクターで田圃一周空走りした後、同じく一周行っています。これで水漏れが、今までより改善されると良いのですが。
 一方四角田の方は南側と、東側の畦際に雑草が繁茂し始めているため、その部分を畦の上に寄せ、更に北西角地の土溜りを鍬で修正しています。角地はどうしても土が溜まってしまいますから、いつも注意をしているのですが、溜りを無しにするのは難しそうです。

 今除虫菊パウダーをネットで注文しています。入手出来次第、勝負田に水に溶いて散布の予定です。勝負田は代かき後、何時まで経っても濁りが消えません。ザリガニを含む色々な物が繁殖して、土をかき回しているためかと思います。これが除虫菊パウダーを散布後どうなるのか、非常に気になるところです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6160)


Counter: 1843, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional