温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2014-03-04

田圃を楽しむ-9。

  • 3月4日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田の畦切、そして入水開始。

 勝負田は春起こしを終えていますから、後は畦切、入水、畦塗りを何時行っても問題ありません。と言う事で、今日早速畦切、そして入水です。去年は西側の畦がかなりモグラにやられていましたが、今年はそれ程では有りません。ザリガニの穴はかなり見つかりましたが、今の所対処はしていません。本当はザリガニの穴に除虫菊乳剤Ⅲの希釈液を流し込めば多少の効果は有るのでしょうが。

南側畦西側畦入水 左が畦を切った南側の畦です。同じく真ん中が西側の畦です。切った溝は水口まで繋がって居ます。そして右が入水の状況です。西側は本来切らなくても良いのですが、畦を守るために切っています。

 暗渠のバルブを閉めて、水を入れていますが、沢の水ですから勢いが弱めで、貯まるにはかなりの時間が必要です。上の写真では水の色がまだ汚れていますが、すぐにきれいになります。半年余り流れていなかったパイプの汚れが取れるまではこんな感じです。
 水が適当に貯まった所で、畦切で出て山になった土を畦側に寄せる必要が有ります。畦を塗りながらやっても良いのですが、寄せておいた方が畦が塗りやすくなりますから。明日は午後から雨が予報されていて、夜は本降りになりそうです。水の溜まり方次第ですが、明日の午前中に土が寄せられれば良いと思っています。それも今日どの位水が貯められるかです。水が貯まらなくても、明日の夜の雨を待てば、良いのですが。でも雨は制御出来ませんから難しいです。
 土を畦に寄せた後は、畦塗りになります。そして代かきと続きます。無農薬で田圃に雑草を生やさない為には、早い時期の水張りが必要で、出来ることなら深めに貯めておきたいと思っています。その為にはひょっとすると北側や、東側の畦も管理する必要が有るかも知れません。今の所北側と東側は流れ込むことは有っても、流れ出すことは無いと思っているのですが。

  • 3月5日

 勝負田畦に土寄せ。

 昨日から水を入れ始めた勝負田、夜中は水を絞っていましたが、今朝一応全体に水が行き渡ったことを確認し、昨日切った土を畦側に寄せています。

南側畦西側畦 左が土を畦に寄せ、上から多少突いた南側畦です。そして右側が同じく西側畦です。今日は夕方から夜にかけて多ければ50mm程度の雨が降るそうですから、とりあえずこの状板で放置です。田圃の中を見渡すと、まだ先日鋤きこんだつもりの小麦が水面から葉を伸ばしています。と言うことは押切の田圃を春起こしするときは、予め麦を刈り倒しておくことが必要だと言うことになります。押切の田圃の麦は、勝負田よりも伸びていますし。

 水が貯まった所で、水漏れをチェックしたところ、やはり南畦の東側の排水ゲートの周りから漏れていました。毎年ザリガニにやられるところで、今年は一部に60cm幅の波板と、35cm幅の波板を設置しています。今日の漏れは一応畦を突き固め、土を寄せることで止まっています。後は暗渠の水出口の部分で、ここはどうにもならない感じですが、一応周りを踏み固めることで、かなり抑えられた感じです。

 今日は朝から僅かですが雨が降っています。にも拘らず花粉症が激しく出ています。今年は2週間ほど前から、何時になく強い花粉症が出ています。花粉は少ないと言われていますが、全体の量では無く、周りの花粉の量で、花粉症の強さは決まるのでしょうか。早く終わってほしいものです。

 午後3時過ぎ、雨が少し強くなってきました。これで田圃はかなりの水位になるでしょう。明日にでも勝負田の第一次畦塗りになるでしょう。今日土が畦に寄せられていますから、その上に更に土を寄せて、しばらく放置して畦に張り付けるつもりです。畦の低い所では、寄せたらそのまま畦に張り付けることも出来るかも知れません。畦が塗り終われば、次は代かきで、その後水位を上げて、雑草対策に入ります。

  • 3月6日

 勝負田は水が満杯に。

 昨日は予報通りに50mm程の雨が降り、勝負田は満杯の水です。これでは畦はは塗れない。北風が強く、浮いた切藁が南側の畦に吹き寄せられています。

満水の勝負田南高梅 左が満水状態の勝負田です。手前に多少浮き藁が見えますが、寄せられた割には少なめです。これでまだ残っていた小麦は水没して、勢いが壮途にそがれると思うのですが。上手く行けばついでに雑草も。
 家の前にある小さな梅ノ木、小梅は花の時期は終わっていますが、今南高梅の花が咲きだしています。僅かな数の梅しか取れませんが、楽しみです。周りの家の梅の木は満開ですから、遅れているのでしょうね。

 田圃の水位は当然のことながら、風によって変わります。良くチェックする南側は、北風が吹くと高くなります。今日は北風が吹いていますからかなり高くなっていると思います。平均的にはやはり真ん中辺りで見ることが必要な様です。今貯まっている水は、そのまま抜かずに、自然に水位の下がるのを待って、畦塗りになります。
 今朝浸種している水の温度は9度程度、あまり下がっていません。昨日から置く場所を日当たりの良い所に変更していますから、注意が必要です。水温が上がりそうなら、またまた移動かも。

  • 3月7日

 勝負田第一次畦塗り。

 昨日に比べて勝負田の水位はほとんど変わっていません。雨の後は北側、東側から水が流れ込んで来るために、場合によっては水位が上がります。そこで思いきって畦を塗ることにしました。

第一次畦塗り後の南畦第一次畦塗り後の西畦 今日の畦塗り後の南側畦、そして西側畦です。南側に風で吹き寄せられていた切藁は畦塗りで土と一緒に塗り込んでしまいました。これで良いのかどうかは分かりません。南側の畦は畦切でかなりの量を切っていますから、畦塗りの際もかなり土が寄せられます。でも西側は特にその南側はあまり畦を大きく切っていませんから、寄せられる土の量は少なめで、完全に寄せるには田面の土を使わざるを得ません。これが結構大変な作業です。

 これで一応代かきの準備は出来ましたが、代をかくのは、もう一度畦を塗ってからにします。畦塗りで西側の田面の土を又使わざるを得ず、それだけ田面が低くなりますから、それが終わってから代かきです。

 浸種中の水温は朝方8度弱、水を交換しようとして、水道水の温度を測ると、2度、このままでは低すぎますから、しばらく水を出しっぱなしにして、温度の上がるのを待って、10度弱になった状態で交換しました。井戸水の方は11度強有りますから、そのまま使えますが、雨が降った性で濁っていましたから使えませんでした。

 周りの田圃で、既に水を張っているのは、今の所、冬季湛水(不耕起では無い)の田圃3枚と家の田圃だけです。春起こしは相当の田圃で終わっていますが、除草に農薬を使うので、特に早期に水を入れる必要は無く、もう少し遅くなります。田植えは、早い所では4月20日頃行われますが、家の方では5月連休明け辺りになるかと思っています。

  • 3月8日

 今日は冷え込んだ。

 ビニールハウスは、サイドの換気が開けてありますから、外とほぼ同じ温度ですが、氷点下ぎりぎりの温度です。浸種中の発泡スチロールの中の水温は、6度前後とかなり下がっています。箱の表面は少し凍っています。ちょっと下がりすぎですね。今日も水交換が必要です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9055)


情報ありがとうございます

  • 投稿者:宮田 (2014-03-07 (金) 23:52:15)

忙しいところ、現地確認ありがとうございます。
不動産屋さんも進入路の確保が難しいと言っていました。
他には平久里下の材木屋さん向かいの農家が売りに出たらしいのですが、グーグルで
見るとちょっと...な感じでした。
ブログの写真を見ると畦長い!大変でしたね。
一般には田起こし前にも除草剤を使うのですね。
実家が農家ですが、野菜の出荷を少し手伝ったことがあるくらいで、稲作はなにも
知りません。
ただ田んぼを見て育ったので、その風景にはとても癒されます。
田植えまでに順調に苗が育ちますように。

コメント


認証コード(1347)

吉沢630番地

  • 投稿者:ひろし (2014-03-07 (金) 17:33:33)

 家から車で10分かからない所で、山を切り開いた感じの所。道側に菜花らしきものを作っていますが、あまり手が入って居なくて、その奥(山側)が耕作放棄地になっています。他人の土地を通らないと入れないなら、奥の所かと。多分
イメージとは異なる場所かと思います。かなり高い所ですから、周りに田圃は無く、水には困りそうな感じの所です。

コメント


認証コード(8551)

田んぼ

  • 投稿者:宮田 (2014-03-05 (水) 21:51:13)

こちらでも今日はかなりの雨が降りました。
明日はお天気も良さそうですし、畦塗り日和ですね。
うちの近所にもほんの少し田んぼがありますが、なにも始まっていません。
南房総は一足先に春がやってきたのですね。

コメント


認証コード(9676)
Counter: 1922, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional