温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2013-10-12

田圃を楽しむ-43。

  • 10月12日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田の古代米刈り取り。

 だいぶ長い間放置してあった古代米、今日やっと刈り取りです。田面はまだかなりぬかるんでいて、全て手刈りになりました。紅朱雀の方はとうに刈り取り時期を過ぎていて、根元の方が柔らかくなっていました。緑万葉の方は丁度刈り取り時期と言うところです。もう少し早い段階で落水すべきだったようです。

画像の説明 当初はコシヒカリを掛け干しした時のハザに掛けるつもりでしたが、それは止めて、古代米を刈り取った所に新たにハザを作り、掛けています。乾燥させる意味からは、土手から離して、南北にハザを走らせるべきなのですが、近く予定している耕起に邪魔になるので、土手際東西に走らせています。従ってこの部分の耕起は全体より遅れて行うことになります。場合によっては耕起無しでレンゲ草を作付ることになります。
 入荷を待っていた手動の散布機が届いていますので、明日にでも押切の二枚の田圃にレンゲ草を播種する予定です。今日は風がかなり吹いていて、とても播種出来る状態ではありませんでした。気温も高く、風も強いことから、ハザに掛けてある古代米の乾燥が進みそうです。

 古代米を作るのは、今年が最後になるかと思っています。コシヒカリとの収穫時期があまりにもずれていること、l米としての利用価値があまり見出せないこと、等が理由です。今は緑万葉は玄米餅として、あるいはもち粉として、紅朱雀は玄米ご飯に混ぜて食べていますが、玄米餅はマンゲツもちで十分ですし、玄米に混ぜるのは朝紫で十分な気がしています。

 天候は13日、14日と良い天気が続き、15日は晴れ後雨との予報です。16日は台風26合が場合によっては近づく可能性があるとのこと。古代米は量が少ないので、籾での乾燥も楽ですから、場合によっては14日、或いは15日でも脱穀をしてしまおうかと考えています。雨に濡らしてしまうと、脱穀は19日以降になってしまいます。又風に吹かれて、稲束が飛ばされてしまうことも考えられます。古代米は背丈が高いので、来年用に藁を取っておきたいと思っています。その点からも藁は大切にしたいと思っています。天気の具合を見ながら、何時脱穀するかを決めて行きます。

  • 10月13日

 押切の二枚の田圃にレンゲ草播種。

 今日は多少は北風が吹いているものの、播種には支障がないと考え、押切の二枚の田圃に、レンゲ草の播種を行いました。

三角田四角田手動散粒機 左が播種前の三角田、真ん中は四角田、そして右は今回使用した散粒機です。散粒機の左にあるのがレンゲ草の種です。初めての使用で最初は勝手が分からず、播種量がどうなるか分かりませんでした。

 散粒機の散布幅が細かい粒で4m程度ですので、4m間隔で田圃を歩き播種です。種は肥料などに比較して軽いため、種の落ちる部分の開度は1~9まである内3で行いました。最初は2弱でやったのですが、播種量が少なすぎて、途中から変更しました。本当は田圃一反当たり3Kg程度の播種が必要と有りましたが、小麦も入れるために1/3に減らしています。果たしてこれで大丈夫なのか、分かりません。

 勝負田のひこばえ刈り取り、その後耕起。

 勝負田の古代米の刈り取りが終わったことと、台風26号が近づいていることもあり、思い切って今日耕起を完了しています。その前に切り藁の鋤込みがスムースに行くように、ひこばえの刈り取りも行っています。

ひこばえの刈り取り完トラクターでの耕起完 左がひこばえを草刈機で刈り取った後の勝負田の様子です。そして右がトラクターでの耕起後の様子です。田圃の土はかなり湿っていて、特に古代米が作付られた付近はひどく、危うくスタックするところでした。4Wをオンにしないまま、片ブレーキを踏んで、旋回しようとしたためです。脱穀時切ってばら撒いた藁は既にかなり腐熟が進んでいて、藁が多い割にはかなり鋤込みが出来ました。この後米糠を散布し、再び耕起、そしてレンゲ草の播種、そして小麦の播種になります。

 今日敢えて耕起したのは16日に台風の接近が予報されていて、雨が予想されているからです。少しでも耕起しておいたほうが乾きが早いと考えてのことです。ただ耕起深さが浅いため、あまり期待できないかも知れません。レンゲの播種までには、押切の田圃程度には乾いて欲しいものです。

  • 10月14日

 勝負田の古代米脱穀、そして電気柵撤去。

 台風26号が16日にはこの辺りに近づきそうです。非常に強く、大型の台風で、防風になる予想です。そこで勝負田にハザ掛けしてある古代米を、乾燥不十分ながら脱穀です。

何も無くなった勝負田 足場はまだ柔らかで、ハーベスターを廻すにも注意が必要な状態でした。古代米の終了は2品種合わせて、籾の状態で20Kg程度で、紅朱雀にはかなりの緑万葉が混ざってしまいました。来年以降は古代米の作付を止める方向です。従ってこれが古代米最後の収穫になります。乾燥に使用したハザも一緒に撤去しています。風で飛ばされることは無いでしょうが、田圃がぬかるんで、いつまでも放置という形になりかねませんから。そして猪よけに張っていた電気柵の撤去も行っています。本来なら9月初めには撤去出来るものですが、古代米だけのためにここまで張らざるを得なくなっていました。やはり収穫時期の離れている品種を、同じ田圃で作るのは難しいですね。朝紫、マンゲツもち辺りがギリギリのようです。

 古代米の藁は長すぎて、ハーベスターのストローカッターでは切ることが出来ず、束ねて保存する事にしています。翌年以降稲藁を束ねたり、敷き藁にしたり、七五三縄を作ったりしています。

  • 10月15日

 予報より早く雨が降りだし、昨日の脱穀は正解だった。

 台風26号の接近で、午前中から雨が降りだしている。台風は10年に一度の強い、大型だそうで、ハザ等は飛ばされてもおかしくない程のようだ。勝負田は先日耕起した部分にはまだ水溜りは出来ていないが、耕起してない部分には既に水が溜まり始めている。この点からも昨日の脱穀は正解だったようだ。
 問題はレンゲの種を播種した押切の田圃、種が流されたり、土の中に埋め込まれたりすることが心配になる。雨量は、ここら辺で最大300mmになっているので、かなりの量だ。雨の欲しい時には降らず、欲しくない時に降る、日頃の行いが悪いせいなのか。

  • 10月16日

 台風26号、雨が300mmオーバー、風は朝6時頃から9時頃まで。

 雨はかなり降り、近くの川が今まで見たことのない程の水位になっていた。溢れるところまでは行っていなかった感じ。強い雨が昨夜からずっと降りどおしで、雨量計を兼ねているバケツは、水が溢れていた。300mmオーバーと言うことになる。風は相当に強く吹いたようで、近くの区の集会所の屋根瓦が、飛ばされていた。台風は突っ走って通過した感じだ。台風の西側に入らなくて幸いだった。家の東側は藪から山になっているが、そこに設置してあるU字溝の水が溢れ、敷地にかなり流れ込んだ感じで、原因は排水口のパイプの詰まり。ポンプで水を排水しながら、詰まりを治すものの、治らず、結局パイプの詰まっている部分をカットして、詰まりを治すことに。敷地の東側では数箇所で、下から水が吹き出していた。山水だ。地下水位が高いため、井戸は殆ど地面の高さまで水が来ている。こんなことは初めてだ。今のところ水は濁っていない。幸いにも東側の山が崩れることはなかった。水が上手く抜けたためか。
 これで問題はやはり押切の田圃のレンゲだ。果たして種はどうなっているのか、場合によっては再播種が必要になる。暫くは様子見になる。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9278)


Counter: 1454, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional