温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2013-10-04

田圃を楽しむ-42。

  • 10月4日

          前に戻る     次へ進む

 レンゲと麦の両方の緑肥を行うことに。

 押切三角田は、米糠を8袋既に鋤込んで、もう一度トラクターで耕起すればレンゲ、小麦の播種が出来る状態に状態になっています。今日は注文していた米糠の内、10袋が入手出来ました。これで残りは10袋です。前回入手した米糠の内、2袋はEMボカシを作るために使ってしまいましたから、その分田圃への鋤込み量が減ることになります。勝負田の分を2袋減らすことにしています。
 レンゲの種はネット上で注文して、6Kg既に入手済です。反当り1Kgの勘定になります。説明書では反当り3Kgを播種するとありますが、今回の場合は小麦も緑肥として作付を行いますから、1/3に減らしています。問題はどうやって播種するかです。手蒔きでも可能ですが、均一にすることは出来ません。レンゲを播種した後で、小麦を播種することになりますから、なかなか目安も掴めません。播種機(ゴンベイ)を使えばかなり均一に播種は出来ますが、かなり歩くことが必要になります。
 小麦はゴンベイで、畝間90cm~110cmで播種予定で、その間にレンゲを播種することになります。レンゲ播種の畝間は10cmにする予定ですから、小麦の畝間に6~7畝播種することになります。これはかなりきついですね、考え直す必要がありそうです。
 手で回したり、モーターで回すタイプの肥料散布機があります。これで播種量がどの程度制御できるか分かりませんが、ネットで調べてみると、使っている人がいるようです。種は軽いので、それ程遠くへ飛ばせるとは思えません。でも半径2~3メーターは飛ばせるのではと思います。播種密度はかなりばらつくとは思いますが、効率的です。事前に検討をすれば、播種量もある程度はコントロール出来そうで、この方向で行けそうです。
 小麦の播種は11月に入ってからになりますが、レンゲの播種は今からでも可能です。でも田圃の方の準備が出来ていません。勝負田に至っては未だに古代米が未収穫で、田圃に残っています。米糠は10袋今日入手していますから、ちょっと少なめにはなりますが、条件が整い次第、押切四角田に散布し、耕起しようかと思っています。緑肥になる小麦、レンゲの生育のために、多少の醗酵鶏糞も鋤込むことも考えています。この成分が緑肥になて、お米の成長に繋がります。

  • 10月7日

 押切の二枚の田圃に、醗酵鶏糞を合わせて255Kg(17袋)散布。

 レンゲを緑肥として使うことを決めて、その元肥として醗酵鶏糞を反当り60Kg程散布です。そして四角田には、追加で入手した米糠を180Kg程散布しています。これで四角田の方は後トラクターで耕起すればレンゲの播種が可能になります。播種には手回し方式の肥料散布機を使うことにして、手配済です。今日米糠を散布しながら四角田の西側の様子を見たのですが、かなりぬかるんでいて、まだトラクターの入れられる状態ではありません。暗渠の排水口からは水が絶え間なく流れ出していますし。米糠を散布していますから、出来るだけ早く耕起したいのですが、無理のようです。明日様子を見て、三角田だけでも耕起出来ればと思います。
 勝負田の方は、古代米の区域の波板は既に外して、水は溜まらない様にしてありますが、まだかなりぬかるんでいます。あまり遅くまでは待てませんので、米糠が入手出来次第、醗酵鶏糞共々散布して、トラクターでの耕起をしたいと思っています。古代米の刈り取りは多分15日以降になると思われますので、こちらは別扱いで処理する予定です。

  • 10月9日

 押切の二枚の田圃、一気に耕起。

 押切の田圃の方は米糠、醗酵鶏糞も散布し終わり、今日は一気にトラクターで耕起です。二枚で約4時間ほどかかりました。あまり深く起こすわけには行かないので、尾輪を付けての耕起になりました。でもやはり四角田西側の湿っている部分は深くなってしまいした。
 これで押切の方はレンゲの播種が可能な状態になりました。手動式の肥料散布機を今注文していて、来るのを待って散布を考えています。散布機が来てみないと、どのようにして播種するか、決まりません。多分砂で増量して播種することになるとは思いますが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3047)


Counter: 1590, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional