温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2012-07-12

田圃を楽しむ-31。

  • 07月12日

          前に戻る     次へ進む

 朝紫がもうじき出穂です。

 コシヒカリにも僅かですが、三角田で走り穂が確認できます。

 ちょっと気を抜いている間に、朝紫の穂が出てしまいました。見ていたはずはずなのですが、2日間程見落としていたようです。朝紫はコシヒカリに比べると、早生ですから、毎年今頃から穂が出始めます。穂はまだ80%までは出ていませんから、出穂と言う訳にはいきません。去年よりは多少早い感じがしています。
 朝紫と同じ三角田で作っているコシヒカリにも、ほんの一部ですが走り穂が確認できます。三角田全体で確認できるかどうか、明日にでもよく見てみたいと思います。少し前から四角田に比べて、葉色が落ちてきたと感じていたのですが、これが穂の出る前段階かも知れません。四角田の方も一部ですが、葉色が落ち始めてきています。こちらも注意深く見ていく必要がありそうです。
 周りの田圃ではまだ穂が出ていませんから、朝紫は猪の格好の餌食なってしまいます。そこで今日早速電気柵を設置するための草刈を始めました。押切の田圃を使うのは今年が初めてですが、一昨年は三角田が猪に相当にやられていることを見ていますから、電気柵は必須です。四角田の方はまだ草刈が終わっていませんから、電気柵は設置できませんが、こちらも出来るだけ早く設置することが必要です。

朝紫の穂コシヒカリの穂 左が朝紫で、周りのかなりの穂が見えます。もうじき出穂になるでしょう。右がコシヒカリの走り穂で、ほんの一部だけで確認できています。回りにも穂は見えません。朝紫の穂にまだ花は咲いていませんが、近い内に咲くでしょう。朝紫の成熟期は出穂後、35日程度ですから、このまま行くと、8月20日辺りが収穫時期になるかと思います。今年は出来ることなら手刈りではなく、ぜひバインダーで刈り取りを行いたいものです。その為には三角田の部分的落水が必要になります。

 押切には三角と四角の二枚の田圃がありますが、そこを一台の電気柵用電源でカバーすることが必要になります。二枚の田圃の外側を電気柵で囲うことが出来れば良いのですが、その間に用水路(排水溝)があり、その部分から猪が田圃に侵入する可能性もあり、各々の田圃を個別に電気柵で囲い、それを繋げることになります。さてどのような形にするか、色々と考えることが必要です。

  • 07月13日

 押切三角田に電気柵の設置。

 昨日草刈を終えた押切三角田に電気柵を設置しました。設置自体はそれほど面倒なものではありません。角々に事前にターミナルを取り付けた、木製の杭を打ち込み、更にワイヤーガイドを取り付けたグラスファイバー製のポールを約4m間隔で打ち込み、ワイヤーを張るだけですから。

押切三角田への電気柵設置押切四角田 左が電気柵を設置した押切三角田です。電源も接続しましたから、今夜から動作します。右は押切四角田の様子で、真ん中周辺の葉色が多少薄くなり始めています。三角田では葉色が落ち始めて、走り穂が出てきています。周りの田圃でも早いところはコシヒカリの走り穂が出始めています。去年よりは一週間ちょっと早い感じだと言っています。家の田圃では10日ほど早いと言っても良いかも知れません。明日は勝負田に電気柵を設置することにしています。その後で押切四角田への設置となります。

 家の近くの田圃では、早速猪に田圃の中を横断されています。そろそろ猪の関心が田圃に向き始めそうです。猪に横断された田圃でも、早速電気柵を設置しています。今のところ猪から田圃を守る方法は電気柵しかないようです。

  • 07月14日

 勝負田に電気柵の設置。

 押切四角田のコシヒカリにも走り穂確認。

 九州地方では大雨が降っているのに、こちらでは予報に違えて全く雨が降ってくれません。降りそうな雰囲気は有るのですが。今日は予定通り勝負田に電気柵を設置しました。ここの田圃は隣の田圃と共同での設置です。
 押切の四角田のコシヒカリにも、僅かですが、走り穂が確認できました。花も咲いています。三角田の朝紫の花も確認できました。朝紫は明日にでも出穂の状態になります。

勝負田の電気柵押切四角田のコシヒカリ走り穂三角田麻紫の穂 左が勝負田の電気柵設置後の様子です。隣の田圃と合わせて4反ほどの広さが有ります。真ん中が四角田のコシヒカリの走り穂で、花まで咲いています。右が朝紫の穂で、一昨日は見られなかった花が咲いています。

 これで朝紫の成熟期は8月21日辺りで決まりのようです。押切四角田のコシヒカリは、一番南側の畝で走り穂が見られます。花まで咲いていますから、昨日辺りに穂が出たのではと思います。四角田は相変わらずモグラが穴を開けて、水を漏れさせています。困ったものです。
 勝負田の畦際には、真っ赤になった大きなザリガニがうようよいるようです。畦に穴を開けて、水を漏らすと言ういたずらを始めています。いたずらのつもりではないとは思いますが、何とかしなければなりません。

  • 07月15日

 押切四角田にも電気柵の設置。

 迷っていた四角田にも電気柵の設置です。と言っても電源は、三角田に設置してある物を利用しています。電源の能力として、500mはありますから十分にドライブ出来ます。ただ西側の上の田圃でも毎年電気柵を張っていますから、その部分は一部分抜いた感じになっています。上の田圃で電気柵を張ったときに調整しようと思っています。

  • 07月17日

 押切四角田の稗、三角田のコナギ取り。

 今日は梅雨明けとの報道、でも梅雨はとっくに明けている。午後はとても暑くて仕事にならない。午前中押切りの田圃の除草を行いました。

四角田の稗 左の写真は四角田から取った稗です。早いものは既に穂を付けています。田圃の畦から見ると、稗の部分は葉色が薄く、葉幅が広いので、直に分かります。でも小さなうちは稲に隠れて、どこに有るかさっぱり分かりません。今回は一応外から見て分かるものだけ取り除きました。久しぶりに四角田の中を歩いたのですが、色々な雑草が伸びてきています。コナギは三角田だけではなく、四角田にもかなりはびこっています。でもここまでくると、いまさら取る気になりません。三角田の方は北側の一部分だけコナギを取っています。こちらは後東側と、北側のの残りの部分を取れば、コナギはほとんど無くなります。四角田はどうなるのでしょうね。稲の背丈が伸びて、非常に歩き辛くなっていますから、全面を歩くのはかなり大変なことです。

 朝紫は完全に出穂しましたが、コシヒカリの方はもう少し時間がかかりそうです。田圃の中のほうを歩いてい見ると、四角田も三角田もそれほどの差はないようです。後一週間以内には出穂となると思います。とすると9月2日頃が成熟期になるのですが。実際にはもう少し早いかも知れませんが。

 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3495)


Counter: 1951, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional