温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2012-03-15

田圃を楽しむ-15。

  • 03月15日

          前に戻る     次へ進む

 昨日14日から今朝にかけて全ての播種を行いました。

 昨日から今日にかけてよい天気に恵まれ、ちょっと早いとは思いつつ、全ての種籾の播種を行いました。13日昼から風呂で行っていた催芽ですが、やはり去年と同じように一部の品種を除いて、催芽不十分の状態にしかなりませんでした。催芽終了時の風呂の温度は29℃と低めで、このことが利いているのではと思います。かと言ってスタート時の温度をあまり上げるわけには行かないと思っているのですが。やはり籾を入れた所で35度は必要なのかも知れません。その場合は発芽し易い品種に関しては、時間を短くする等の細工が必要になります。

コシヒカリマンゲツもち朝紫緑万葉紅朱雀
 コシヒカリ。 マンゲツモチ。 朝紫。 緑万葉。 紅朱雀。

 紅朱雀の発芽が一番早く、続いて緑万葉、後は似たり寄ったりですが、コシヒカリが一番遅い感じです。かなり鳩胸状態になっていますが、も少し膨らんで欲しい所です。古代米二品種は写真ではあまり気になりませんが、風呂から上げた状態ではもっと根の部分が延びていました。

 14日朝9時頃より準備を始め、播種を始めましたが、合計枚数120枚(使うのは118枚)という数字に圧倒されて、最初はなかなか進まない感じでした。自作の播種器具では、床土の上に置いた穴の開いた箱を、苗箱ごと揺する事から、床土を十分に踏み固めておくことが必要で、その為に水溜めの中に入れて水を吸わせる段階で、非常に時間を取られてしまい、ここが大きなネックになってしまいました。

床土播種播種された籾水溜りでの給水
 苗箱に床土を入れ、踏み固めた状態です。 播種器具を使っての播種です。 播種器具をはずした状態。 水溜りに浸して、給水です。

 播種器具を完全に床土に押え付けると、上の写真に見えるようにきれいに播種できます。これで約40gr/苗箱になります。しかしながら播種器具を二箇所で押さえる事は非常に面倒で、実際には写真に有る様に一箇所でのみ押さえて播種しました。播種器具の方にはそのことも考えて、下穴だけは苗箱の真ん中を押さえる準備はしてあったのですが、今回は偏った状態での押さえになってしまいました。来年は改善します。まあそれにしても大体上手に播種することはできました。

プールの準備苗箱並べネオポリシャインかけ完成
 プールには10mmかさ上げの板。 かさ上げ板の上に苗箱を並べます。 苗箱の上からネオポリシャインシートをかけます。 全て完成したところです。

 ハウス内のプールには、一番下に黒マルチ、その上に0.1mmのビニールシートを敷いて、何時でも水が入れられる状態になっています。そこに苗箱をかさ上げする為に、10mm厚さの板を敷いてあります。これで苗箱は水浸しになることはありません。プールへ入水する時はこの板は外します。苗箱がプールいっぱいに並んだところで、上からネオポリシャインシートをかけ、四辺を木できちんと押さえます。これで一応完成です。ここまでにかかった時間は二人で8時間ほど、二日がかりでした。
 ネオポリシャインを張ったハウスの中は、シートからの反射が強烈で、シート自体の温度上昇は無いようです。その為に、発芽するまではそのままで、ハウスは閉めっぱなしで、放置でも大丈夫とのことです。普通はハウスの温度が50℃にも達して、えらいことになるのですが、そんな心配は一切無いとのことです。
 これで後5日~7日で発芽を確認したら、シートを外し、ハウスを完全に開放状態にすることになります。発芽と言っても発芽長さを5mmと考えていますから、よくよく注意が必要です。放置しておくと、すぐに10mmにもなってしまいますから。ここで芽を長くしてしまうと、ひょろひょろな苗になり兼ねません。
 でも心配は相当にあります。それは籾殻薫炭を50%使用していること、覆土にも籾殻薫炭、ピートモスを使っていること、そしてネオポリシャインシートを使っていることなどです。本来は太陽シート、あるいはポリシャインSを使うべきところです。十分な催芽を行っていれば、多分何の問題もないでしょうけど、催芽不十分な状態での播種ですから。明日にでも苗箱上部の温度を測って、何か対策が必要かどうか、考えることにしています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1262)


Counter: 3640, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional