温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-09-21

田圃を楽しむ-41。

  • 09月21日

          前に戻る     次へ進む

 紅朱雀の倒伏。緑万葉は今の所大丈夫

 台風15号が近付いています。今夜にもこの辺りも暴風圏内に入りそうです。その影響もあり、昨日辺りから時々強い雨が降っています。風も南が強く吹き始めてきました。勝負田の方は刈取り、脱穀も終わって何の問題も無いのですが、お堂横田圃の方はこれから成熟期に入る所で、その影響はかなり大きいです。紅朱雀がかなりの範囲で倒伏に近い状態になっています。昨日からの強い雨でこのような状態になったようです。穂が垂れていましたから、余計に雨粒の影響が出たものと思います。
 一方緑万葉に関しては、紅朱雀に寄りかかられている部分を除けば、今のところ大丈夫です。

紅朱雀の倒伏紅朱雀の根元緑万葉緑万葉の根元
 倒伏に近い紅朱雀です。 紅朱雀の茎の根元です。 緑万葉です。 緑万葉の茎の根元です。

 緑万葉も紅朱雀もその分ゲツには目を見張る物があります。根元の周りが40cm程も有りそうです。苗が高々1本から3本植えにも関わらず。そしてその分だけ穂の数も相当な物になっています。果たしてこれだけ全て成熟するのか、心配なくらいです。苗の密度は勝負田よりは高く、株間隔18cmで、60株/坪になっています。こんなに分ゲツするのであれば、勝負田と同じ株間30cmにすれば良かったと後悔しています。
 稲穂の状態は、籾の中でやっとお米が固まり始めた所で、収穫までには未だかなり日にちが掛かりそうです。予定では10月5日~10日辺りが刈り取りです。今回の台風の大雨で、田圃は暫く水の心配は無さそうで、籾の状態にもよりますが、9月25日~30日の間には暗渠のバルブも空け、完全な落水にする予定です。
 何度も田圃の中を這いずり回り、除草をしたので、雑草がどうなるか心配したのですが、どうやら大丈夫なようです。代かきがきちんと出来ていれば、そんなに苦労しなくても雑草は退治できたと思います。来年は新しく4.5反の田圃が追加されます。そこを除草剤無しでやれるか、その試金石がこの田圃でした。出来るだけ早い時期から田圃に水を入れ、出来るだけ浅く、何回も代かきをして、水の中で芽吹く雑草を浮かせ、出来るだけしっかりした苗を、浅く、疎に植え付け、水も深く管理して、一度手押し除草機を掛け、米糠を散布して濁り水を維持、これで何とか無農薬でやれるのではと考えています。
 勝負田でそれでも生えてきたのは、強烈な稗です。周りの田圃でも、除草剤を使っているにも関わらず、稗がかなり生えていた田圃もあります。勝負田では、種が落ちないうちに引き抜いていますが、それでも毎年のように生えてきます。除草機を走らせたり、米糠を散布する場合、田圃の深さが一番問題になります。勝負田ではかなりの範囲で田圃が深く、苦労していますので、押し切りの田圃ではこのようなことが無いように今から、浅く起こすことを心がけています。でも一部ぬかるんだ所では、耕起時尾輪が沈み込み、深くなってしまった所も有ります。この部分は冬の間にトラクターで踏み固め、来春には浅く起こせるようにしたいと思っています。
 雨が降っている中、田圃の色々な様子を観察しています。暗渠のバルブを閉めて、多少なりとも水を溜まりやすくして、田圃全体の傾き、水の抜け方、雑草の状態、畦の状態、等々を。全体としては二枚とも南側が高くなっている様子です。そしてやはり四角田の方が、三角田よりは水がはけ易いようです。四角田は南側の畦が低く、場合によっては土の盛り上げが必要な感じです。畦塗りの際畦の上面への土の持ち上げが。又四角田の方では、畦の外側の法面が一部分土がすくわれていて、ここへの土の盛り上げも必要なようです。それにしても畦のあちこちに穴が開いています。これを直すだけでもかなりの仕事になりそうです。

  • 09月22日

 緑万葉も倒れてしまった。

 台風15号の影響で、ここでもかなり強い風が吹き、激しい雨も降りました。その為昨日の朝方は大丈夫だった緑万葉もその多くが倒れてしまいました。

緑万葉紅朱雀 左が緑万葉、右が紅朱雀です。両者とも完全倒伏の状態ではありませんが、かなりきつい状態です。午後からは相当強く南風が吹きましたから。今は台風の前に田圃の畦草を刈ったことをまずかったかと思っています。田圃には未だ水が張ってありますから穂が水に浸かってしまうと良くありません。かと言って落水するにはちょっと早過ぎの感じです。今回は種籾が採れれば良いとして、落水は25日に行うこととしています。それまで水が持つかどうかも問題ですが。

 緑万葉、紅朱雀は晩生です。その為遅くまで水の確保ができ、他の品種との分けた水管理ができ、他の品種の収穫等に悪い影響を与えない場所の確保が必要です。それに今回の経験を踏まえ、台風の影響を受け辛いことも必要なようです。台風は基本的に南風、ないしは西風ですから、今考えている勝負田の北側は多少問題ありかも知れません。ただ北側に多少高い土手を背負っていますから、その点からは多少は良いかと、他の場所は水の点でいろいろと問題がありますから。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4103)


Counter: 1923, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional