温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

田圃を楽しむ/2011-07-14

田圃を楽しむ-28。

  • 07月14日

          前に戻る     次へ進む

 朝紫に走り穂、一部では開花。

 やはり朝紫の走り穂は早い。コシヒカリやマンゲツもちは、未だ全く出穂の気も無いのに、朝紫は一部では花まで咲き始めています。一昨年には朝紫が出穂したところで、猪に荒されてしまいました。今年は完全ではないのですが、一応ネットを張っています。

朝紫の出穂朝紫の開花 未だ本当の出穂に至っているかどうか、微妙な所です。30%の穂が出た時点が出穂ですから、そこまでは未だ行っていないと思われます。花が咲いたのは今朝だと思われます。未だほんの一部分ですが。
 出穂辺りからは水を切らさないことが大切で、コシヒカリの事を考えて比較的低い水位にしている現状ですが、朝紫の部分では、有る程度の水位が確保できるようにしたいと思います。

 お堂横で作っている緑万葉と紅朱雀は晩生です。そのことから、朝紫はこれらの品種と一緒に作ることはできません。来年以降どのように作付けていくか、未だ決めかねています。難しいのは緑万葉と紅朱雀ですが、波板で区域を区切って作付ける必要まで出てきそうです。
 この辺りでは既に田んぼに猪が入り込んでいます。未だ荒す状態では無いのですが、大変気になる所です。来年からは近所の人と共同で、田んぼ全体を電柵で囲うことにしているのですが、今年は不完全な状態での防除です。入ってくれないことを祈るばかりです。

  • 07月19日

 朝紫が出穂。

 暫く畑の方が忙しく、田んぼを見ていなかったのですが、今朝見た所、朝紫の穂が80%は出ていることが確認できました。これからすると出穂は16日頃かと思われます。近くの田んぼでは、コシヒカリが穂を出し始めています。もうそんな時期になりました。

朝紫の出穂 穂の出方を見ると、田んぼの北西角にある水口の部分が一番穂の出るのが早く、その反対側が一番遅れている様です。コシヒカリもマンゲツモチも株の根元の方は既に膨らみ始めていて、遅からず穂が出そうです。
 今日は朝から台風6号の影響で、雨が降ったり止んだりで、排水ゲートは大雨が降っても良いようにかなり下げています。南東角の排水ゲートは良く水漏れを起こします。原因はザリガニで、ゲートよこの部分に大穴を明けてしまうようです。今年は苗に被害を及ぼすザリガニは殆どいなかったのですが、捕獲しなかった分、大量のザリガニが田んぼに住み着いているようです。これは来年の春までに何とかしないと、えらいことになりそうです。

 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1354)


Counter: 1962, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional