温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2016-07-28

マスクメロンとトマトの栽培-9。

  • 7月28日

          前に戻る     次へ進む

 トマトの出荷を始めた。

 
 出荷と言っても僅かな物で、今まで11KG。収穫は第一果房の部分がほぼ終わり、第二果房の部分に移って来ています。トマトの重さは平均的には200gr程度で、大きなものは350grにもなります。

トマトの畝第二果房が色付き出した大きなトマト 左がトマトの畝で、養分が不足し始めたのか、上の方にはあまり伸びていません。真ん中が第二果房の部分で、色付き始めています。右は大きなトマトで、大きい方で340gr、小さい方で290gr有ります。

 何せ作って居る株が少ないですから、トマトの出荷は毎日と言う訳には行きません。一週間に二度ほどになります。不思議なことに今年もトマトの実は水を遣らなくとも順調で、雨が降らない限り割れることも有りません。最初のうちは毎日水遣りをしていましたが、今は全くしていません。トマトは毎日食べていますが、味の方は普通のトマトと殆ど変らない、と言うか、熟させているだけ美味しく食べられます。スーパー等で売っているトマトは、未熟ですから、美味しくありません。
 トマトの畝の右奥にはカボチャが一株見えます。別に種を撒いた訳では有りませんが、出て来た芽をそのまま放置しているものです。大分うどん粉病が拡がっていますから、多分収穫は無理かと思います。でももう暫くそのままにして、様子を見ることにしています。

 マスクメロンは最近手抜きになって居ます。

 マスクメロンは、上の方に蔓が伸び出し、うどん粉病もかなり拡がって、おまけに下の方にも蔓が伸び出しています。

マスクメロンの畝直径16cm程のメロン 左はマスクメロンの畝で、ハウスの下から上まで目いっぱいに伸びています。伸びているのは蔓で、本当は整理すべきものです。でも最近は面倒で、そのまま放置してあります。右は比較的大きなマスクメロンの実で、直径は16cm程有ります。うどん粉病もかなり拡がっていますが、上や下から出る新しい蔓には未だ広がらず、一見きれいに見えます。マスクメロンの収穫のめどは、8月半ばです。それまで木が持ってくれれば良いのですが、果たしてどうなるか。

 収穫出来るマスクメロンはF1の子供、孫ですから、甘みは少なく、自家用です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3897)


Counter: 332, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional