温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ハウスを楽しむ/2013-06-12

ハウスでトマト作りー5。

  • 6月12日

          前に戻る     次へ進む

 アブラムシが退治できない。

 トマトにアブラムシが大量に発生していて、特に被害が大きいのが桃太郎。二週間以上前からアブラムシの大量発生に気が付き、手で潰したり、牛乳の原液を散布したり、木酢の希釈液を散布したりしていましたが、全く効果がありません。桃太郎に至っては生育が完全に阻害されるまでになっています。

花芽に付いたアブラムシ新芽に付いたアブラムシトマトの畝の様子 左が花芽に付いたアブラムシ、真ん中が新芽に付いたアブラムシ、そして右がトマトの畝のようです。手前側の桃太郎の成育が、後ろ側の甘太郎に比較して、極端に遅れています。アブラムシに養分を殆ど吸われてしまったためでしょう。

 上の写真のアブラムシは、相当に少ない物で、多い場合はアブラムシに全体が被われてしまうほどです。何とか農薬無しでと考えて、色々とやってみたのですが、無駄でした。牛乳は4回ほど、木酢は2回ほど散布しています。そして毎日手で潰しているのですが、だめです。
 そこでしかなくスミチオン乳剤を使わざるを得ないと判断して、今日2000倍希釈液を散布しました。収穫の14日前まで、2回しか使用できません。ミニトマトは第一果房に実がなり始めていますので、これは収穫をあきらめです。
 何故今まで発生したことのないアブラムシが発生したのか、原因は不明です。ひょっとすると元肥えに籾殻を入れて、窒素飢餓になることを恐れて、尿素を入れたことが原因かも知れません。これは最初から心配はしていたのですが。もう一つ気になる事として、幹の細さがあります。ハウスの外で作っているトマトは、ミニトマト、甘太郎共に幹がもっと太くなっていて、非常に元気です。そもそもハウスで作るということは、こういう事かと考えさせられてしまいます。でも去年まではそのようなことはなかったことを考えると、連作障害とも考えられます。
 今日スミチオンを散布しましたから、その結果がどうなるか、しばらく様子見です。これでもアブラムシが収まらない場合は、今年はハウストマトはあきらめになります。路地トマトだけになります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5247)


Counter: 1578, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional